株式会社チケットの副業メイクLIVE(ライブ)の内容・口コミ評判から詐欺の危険はない副業と判明!

株式会社チケットの副業メイクLIVE(ライブ)の内容・口コミ評判から詐欺の危険はない副業と判明!

ネットショップを運営する前に特商法を理解する必要性

time 2021/09/06

消費者トラブルを防ぐために必要不可欠

ネットショップの運営を副業として考える人が増えていますが、消費者トラブルが起きないよう必要最低限のルールを守らないといけません。
特商法はお互いに安心して取引ができるようにするために設けられ、通信販売、訪問販売、電話勧誘販売、訪問購入などに適用されます。
ネットショップはインターネットで取引を行いますが、相手に信用されるためには特商法の表記が必要です。

近年ではネット上の取引で消費者トラブルが起きやすく、消費者庁では共通のルールとして守るべき規則や禁止事項を定めています。
消費者トラブルは注文した商品が違ったり届かないことがあり、起きないようにするためにはクーリングオフができるようにしないといけません。クーリングオフは購入して一定の期間内であれば返品できるため、商品が届いてトラブルがあっても対処してもらえて安心です。

お互いに信用できるようにしよう

電子商取引は対面販売ではなく相手と顔を合わせないため、不正をされるリスクもあり不安に感じている人が多いです。
消費者庁はこのようなトラブルを防ぐため特商法を設け、ガイドラインを定めることでお互いに安心して利用できるようにしています。

このため、ネットショップは通信販売に該当し運営者の情報をきちんと明記し、販売する商品の紹介を正確に行うことが必要です。ネットショップの運営は信用を失うと悪評が流されて売るチャンスを失うため、特商法をきちんと理解して始めないといけません。また、誇大広告や相手の意思に反する行為を行い損害を与える行為は禁止され、絶対にしないよう責任を持って運営する必要があります。

禁止事項を確かめよう

特商法で禁止されている内容は運営者情報を偽ることや誇大広告など虚偽の情報を伝える行為で、このようなことがあれば信用を失うことになります。
ネットショップは競争が激しくチャンスロスになると売れなくなり、ルールを守ってリピーターを増やすようにすることが大事です。誇大広告は売る商品の魅力をアピールする方法として使われ、誘惑に負けて購入する消費者も増えています。

しかし、虚偽の情報だと分かれば信用を失うことになり、セールスライティングをするためには正確な内容にすることが重要です。
ネットショップの運営はいかにリピーターを増やせるかが勝負になり、相手のニーズに応える必要があります。
相手のニーズはSNSを使って情報交換をすると分かり、期待に応えると口コミや評判も良くなりチャンスを増やせて効果的です。